トップページ >データ入稿・作成について

データ入稿・作成について

データ入稿について

通信環境の充実で全国どこからでも24時間入稿可能です。 インターネットの利用で、データ入稿の時間帯や地域を選ぶことなく送受信が可能となりました。夜間、データ送信すれば翌朝から作業が進められたり。郵送、宅配の送料の軽減やデータ入稿時間の短縮など、スピーディーに印刷プロセスへ進めます。
●Windows・Macintoshの区別なく安心して入稿して下さい。
●従来の多彩な持ち込みメディアに柔軟に対応します。
メール入稿FTP入稿その他



メール入稿
容量5MBまでのデータは、Eメールに添付しての送信が簡単で便利です。



入稿形式

WindowsとMacで、違うOSにメール送信をするとファイルが壊れる可能性があります。
WindowsはWindows専用のアドレスへ、MacはMac専用のアドレスへのデータ送信をお願いいたします。



圧縮方法

DropStuffは起動時の登録画面で「まだしない」ボタンを押せば制限無く使用することが出来ます。
各ソフトの使用方法はソフトのマニュアルをご参考下さい。



■ 「メール送信容量」を確認してください
データ送信の際に御社の使っているプロパイダの「メール送信容量」を確認して下さい。
プロバイダによってはメール送信容量に制限があり、それを超えると送信できない場合があります。(例:plala:上限5Mbまで)




■ 5MBを超えるデータはトラブルになります
データが重ければ重いほどこちらへのデータ到着は遅くなります。
ワード・エクセル・パワーポイント等のオフィス系ソフトの書類はメールでお送り下さい。
画像データ・印刷製版用の5MBを越えるデータはトラブルになるのでご遠慮下さい。



FTP入稿
5MB以上の重いデータはFTP転送が最適です。弊社では簡単にデータ送信ができるように、ホームページ上にFTPのページを設けました。パスワードでログイン後、送信したいデータを選択し、ボタンを押すだけです。

問合わせの方はココをクリック

■ データファイル名の注意点
● 日本語ファイル名はNGです。
● 英数字のみでお願いします。約物記号はNGです。 ()/*%$等です。
 (例)sample.lzh 英数8文字.(ピリオド)拡張子




■ 50MBを越えるデータは送れません
50MBを越えるデータは送れません。
50MB以上の場合はご連絡ください。制限を解除します。送るデータは必ず圧縮して下さい。
まずは、パスワード入力。 送りたいデータを選んで
送信開始ボタンを押すだけです。
FTP1 FTP2



その他の無料データ入稿サービス
インターネットを通じて大容量データの送受信を無料で出来るサービスがあります。サービスによっては会員登録(無料)によって、さらに大容量のデータ送信が可能になります。詳しくは各サービスのホームページでご確認ください。




■ 宅ファイル
http://www.filesend.to/
■ データ便
http://www.datadeliver.net/
■ Filey
http://filey.jp/
その他 その他 その他




データ作成について

データ入稿に関するトラブルを避けるためにも以下の注意事項、入稿データ作成についてPDF、テンプレートのデータ作成手順を参考にデータ作成下さいますようよろしくお願いいたします。
ご不明な点等はメール、並びにお電話でお気軽にお問合わせ下さい。
各商品の作成サイズや注意事項は入稿データ作成についてPDFか各テンプレートに記載しております。


データについて
■データ作成の際にはテンプレートをご利用下さい。Illustrator、Photoshop形式それぞれ用意してあります。
■対応アプリケーション
Photoshop CS4まで対応  その他PSD、EPSなどPhotoshop形式で保存されたファイル
Illustrator CS4まで対応

Photoshopで開くことが出来る形式(TIFF等)、PDF、Windows(Word、Excel、PowerPoint)等も出力可能です。その他のアプリケーションに関してはお問合わせ下さい。
■データのバックアップは手元に取っておいてください。
■ファイル名には日本語は避け、半角英数字のみを使用してください。エラーの原因になります。また、拡張子をつけて保存してください。(例:2000data.psd)
■出力に関係ないデータは入れないで下さい。
■確認用のJPGデータを添付して下さい。
バージョンダウンの保存は避けてください。エラーの原因になります。(例:IllustratorCS2で作成>Illustrator8形式で保存)